神戸市の切らない痔の治療-注射療法で日帰り治療

お電話は078-231-3238
あなたのいぼ痔、切らずに治しませんか?

あなたはこんな症状でひとりで悩んでいませんか?

排便時の出血 排便時・その他の脱肛 突然の肛門の痛みと腫れ

こんな症状があったら、いぼ痔かも?

image

いぼ痔ってどんな病気?

内痔核(いぼ痔) 内痔核(いぼ痔)を詳しく見る
外痔核 外痔核を詳しく見る
やっぱり手術が必要なのかな?
大丈夫!ほとんどのいぼ痔は、手術をせずに治療が可能です!
手術は怖いと考えているあなたのために、みつみや大腸肛門クリニックは、切らない痔の治療にこだわっています。
image

みつみや先生の治療はどんな感じ?

  • 問診 お尻とお通じについての問診を行います

    詳しく見る

  • 診察 専用の器具を使い患部を診察治療法を決めていきます

    詳しく見る

  • 注射療法 病状が進んだいぼ痔も切らずに治せます

    詳しく見る

注射療法って??

従来の手術では

注射療法なら

痔核を切り取る

痔核を硬めて縮めて固定させる

image 注射後1~2か月で痔核は徐々に硬化・退縮し、脱肛が見られなくなりますよ
脱肛とは?

肛門の内部にできた痔核が、外に飛び出してくることを脱肛といいます。排便時などに脱肛しますが、排便後は自然と元に戻ります。しかし症状が進むと自然には戻らず、自分で押し戻さないといけなかったり、押し戻しても戻らなくなったりします。

注射療法・手術 実績

痔の治療で大切なことは、「できるだけ注射療法・手術をしないこと」です。

きっちりと診断し、しっかり評価し、適応と希望があれば、注射療法・手術も考えます。

これまでのみつみや大腸肛門クリニックの「初診と注射療法・手術の関係」をご覧ください。

注射療法・手術 実績 グラフ

注射療法はどんな流れ?

image
POINT 入院の必要ナシ! POINT 早めの受診なら、生活習慣の改善とお薬だけでもOK!
  • 前日夜 消化の良いものを食べて下剤を飲みます
  • 当日朝(自宅)下剤の効果で軟便がたくさん出ます
  • 病院 午前 個室で経口腸管洗浄剤を服用します
  • 病院 午後 個室で検査着に着替えます
image 注射後、数日や10日前後に化学反応で熱が出ることがあります。また、1~2か月後に出血することがあります。痛み・発熱・出血などが続く場合は、早めに受診してください。

料金はいくらなの?

image

みつみや大腸肛門クリニックはすべて保険診療です

注射療法 約15,000円

※3割負担の方の料金です
※患者さまの状態、使用する薬剤の種類や点滴の有無によってお値段が前後します

今すぐ診察予約!

〒651-0085
神戸市中央区八幡通4丁目2-13
フラワーロード青山ビル6階

「三宮」駅からフラワーロードを南へ徒歩7分
神戸市役所向かい、1階が三井リハウス神戸三宮支店のビルです
1本奥に入った裏通りにも入口がございます

078-231-3238 電話受付 月・火・木・金8:30~19:00/水・土8:30~16:00
診察のみでもOK!

※木曜日は不定休あり、休診日につきましてはこちらをご確認ください。

PAGE TOP